業者の暗部抜き行為 不動産マンション住宅一戸建て土地売却査定 は知っておきたい 

  • ブログ
  • 業者の暗部抜き行為 不動産マンション住宅一戸建て土地売却査定 は知っておきたい 

業者の暗部抜き行為 不動産マンション住宅一戸建て土地売却査定 は知っておきたい 

こんにちは近藤です。不動産売却において見積もりが曲者ですと先日記載しましたが、それを悪用している業者の手口があります。業界全体に根深くされている行為で、どの不動産屋も警戒している重要なことです。正しく理解するためにもまだ前回の記事を読んでない方は先に読んでください。

基礎その1 不動産マンション住宅一戸建て土地売却査定 これだけは知っておきたい 

業界全体に未だはびこる手口として抜き行為と言われるものがあります。これはまさに見積もり査定を悪用した事例です。

不動産売却仲介の見積もり査定はあくまでも予測にすぎません。その値段で売れる保証はどこにもないのです。

そこでもしあなたの不動産を2000万で売り出したとします。そこに広告等に掲載されている住所から登記簿で所有者を調べてあなたの前に業者があらわれます。

『あの不動産屋はあまり売る力無いけど、うちに任せてもらえば、広告量やネットワークが違うので2500万で売るようにしますよ』

『現にこの間もよそが2500万で売ろうとしていた物件を3000万ちょっとで売りましたので』

なんて平気で言ってきます。

『うちの客さんで3000万円でこの辺りの物件探している人がいるけど、うちに任せてくれたら話まとめますよ』

とか本当に言ってきたりします。

実際言われたらどうでしょうか?誰でも高く売ってくれるという業者になびくのではないのでしょうか。

これを信じて後から高く売ると言ってきた業者に変えたとします。結果は高く売れるでしょうか?

多くの場合は
『この間話していたお客は他でいい物件見つけてしまってね、最優先で他を当たっています。』
とか
『銀行のローンが通ると思ったら通らなくて』
とか言い出します。

ひどいのになると
『他に2000万の物件が出てきて同じ値段ならこちらがいいと言っているんだけどどうしましょう』
なんて言い出します。さすがに一気に1000万も安くなるのでちょっと難しいと思い断りますよね。

それでもその後何ヶ月も買い手が見つからないとします。動いているアピールはしてきますので、期待だけはさせます。それでもなかなか見つからないと価格が2700万になり、2500万に落とすように提案されます。

もともと2500万で売りに出されようとしている物件でもすぐに買い手が見つかるわけでもありません。

そうこうしているうちに
『迷惑かけたので、最初に2000万で買いたいと言っていたお客さんと同じ2000万円でうちで買い取るよ』
なんて言い出します。

そこで思い出してほしいのですが、不動産売却仲介見積もりはあくまでも予測値。高く見積もりする業者がいいわけでないのです。

むしろ今回のケースのように自分のところにお客を引き込む[抜き行為]と言われる道具に使われるのです。

このように業者の本音は安く買い叩きたいと思っています。

ですので当社では買取はあくまで最終手段、決して相場以上の高い見積もり査定をするのでなく、高く売れる適性価格での見積もり査定をして売りに出します。さらに高く売るためのコツも伝授して共有します。

仲介見積もりで相場以上に高い査定を出す業者は逆に不誠実な業者だと認識してください。
自分のところにお客を引き込む常套手段なのです。

読んでくれてありがとうございます。

ブログ一覧